ウィズ(with)なら相性の良い相手と出会える、メンタリストDaigo監修、趣味・価値観を分析してマッチング!

  • 2020年6月21日
  • 2020年6月21日
  • ウィズ
  • 46回
  • 0件
こんにちは、いとまさです。
皆さんはマッチングアプリ「ウィズ(with)」って使ったことありますか?マッチングアプリというと「本当に出会えるの?」「サクラはいないの?」など心配なことも多いかと思います。今回の記事では、マッチングアプリ「ウィズ(with)」を実際に利用している筆者が、ウィズ(with)について詳しく解説をしていきます。

【この記事はこんな方にオススメです】
・これからウィズ(with)を使いたいが使い方がよくわからない
・ウィズ(with)のメリット・デメリットについて知りたい
・ウィズ(with)を安心して使えるか知りたい
・ウィズ(with)の利用料金について知りたい

相性の合う人と出会える確率が高いウィズはオススメ

ウィズ(with)はメンタリストDaigoさんが監修しているマッチングアプリです。主に心理学を利用して、相性や考え方、趣味など様々な角度からいいお相手を探してマッチングしてくれるという点が、他のマッチングより優れている点です。

私も実際に使用してみて、他のマッチングアプリと比較して、気の合う方と出会える回数が多いなーっと感じました。

ウィズ(with)のメリット

ウィズ(with)を利用する理由はたくさんあります。
それではウィズ(with)のメリット・デメリットについて具体的に解説していきたいと思います。

会員数が多い

ウィズ(with)の会員数は113万人以上。マッチングアプリ最大手のペアーズ(Pairs)には及びませんが、それなりに多い会員がいますので、地方在住の方でも比較的マッチングのしやすいアプリです。

女性の比率が他のマッチングアプリより多い

ウィズ(with)が人気なのが、女性の比率がとにかく高いということです。普通のマッチングアプリでは通常、男性会員の比率が男性:女性 = 7:3などかなり高いことが多いですが、なんとウィズ(with)では男性:女性 = 5:5 半々の比率になっています。

女性ユーザーが多ければ、マッチングする確率も高くなるので、ウィズ(with)はそういった点でもかなりオススメです。

心理テストで繋がることができる

メンタリストのDaigoさんが監修しているウィズ(with)では様々な心理テストを行い、その結果を元に相性の合うお相手をAIが自動的にオススメをしてくれます。

例えば以下のような心理テストが用意されています。
・超性格分析
ビックファイブという最も科学的に信頼性のある性格分析に基づいて、性格の傾向から相性の良いお相手を探します。

・恋のファッション診断
ファッションの傾向に基づいて、心理学的に分析を行い、相性の良いお相手を探します。

・恋愛コミュ力診断
初対面なのにめぜか波長が合う人っていませんか?あなたのコミュニケーションの傾向からぴったりのお相手を探します。

・脳内ホルモン診断
人間は脳内のホルモンの分泌量によって性格や惹かれるタイプが決まっていると言われています。この診断では、あなたの優位ホルモンを基に相性の良いお相手を探します。

先ほど例にあげたのは心理学テストの一部です。そのほかにも色々な心理テストが用意されており、期間限定の季節に合わせた心理テストも毎回実施されます。

なので、心理テストを楽しみながら相性の合う女性を探すことができます。

趣味(好みカード)で繋がる

自分の趣味や考え方、価値観など多様なカードを選択してお相手にPRすることができます。選択したカードにコメントを添えて、さらに詳しくPRすることもできるため、相性の良い方とマッチングする確率が上昇します。

マッチングサプリ大手の「イグニスグループ」が運営

ウィズ(with)を運営している「イグニスグループ」は資本金5億円を超える大手企業ですので、安心して利用ができます。

相手との接し方など色々とサポートがある

相手とメッセージのやり取りをする際に、「どのような話題をふると相手が興味を示すよ」だったり、「どういったデートを提案しよう」などAIが相手の登録情報やアプリでの行動を分析し、サポートをしてくれますので、恋愛経験の少ない方、マッチングアプリを初めて利用する方でもスムーズにアプリを使うことができます。

月額利用料が安い

出会い系のアプリというとメッセージ一通送るごとに料金を請求されるタイプのものが多いですが、ウィズ(with)では定額制を採用しています。

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月と4つのプランが用意されていて、一番安いプランだと1ヶ月3600円(税込)からメッセージ送り放題で使うことができます。

ウィズ(with)のデメリット

ここまでウィズ(with)のメリットばかり語ってきましたが、次はデメリットについて具体的に説明していきたいと思います。

男性は有料会員でないとメッセージが見れない

ウィズ(with)は無料会員のままだとメッセージが送れないだけではなく、来たメッセージの内容を確認することもできません。定額制(1ヶ月3600円)有料会員になることが必須なので、無料で全てを行いという人には向いていません。

ウィズ(with)の利用料金

ウィズ(with)の利用料金は、「契約期間」と「アプリ/ブラウザ」どっちを経由して課金したかによって変わってきます。

契約期間は長ければ長いほど、そしてブラウザ版から料金を支払ったほうが、圧倒的にお得にウィズ(with)を利用することができます。特にアプリから課金をすると以下のようにかなり割高となってしまうので、できる限りブラウザ版から課金をするようにしましょう。

ちなみにアプリ版、ブラウザ版どちらから課金をしても使える機能は一緒、ブラウザ版から課金をしてもアプリ版を普通に利用することができます。

【アプリ版ウィズ*金額は税込】
1ヶ月プラン:4,200円
3ヶ月プラン:9,800円 (3,267円/月)
6ヶ月プラン:17,800円 (2,967円/月)
12ヶ月プラン:26,800円 (2,233円/月)

【ブラウザ版ウィズ*金額は税込】
1ヶ月プラン:3,600円
3ヶ月プラン:8000円 (2,667/月)
6ヶ月プラン:14,100円 (2,350/月)
12ヶ月プラン:22,000円 (1,833/月)

料金については以下に詳しい記事で解説をしていますので、よろしければぜひそちらもご覧ください。

ウィズ(with)を利用している年代層

ウィズ(with)は比較的若い年代層に人気のあるマッチングアプリで、20代前半までのユーザーが約40%、次いで約30%が20代後半です。

そのため、結婚や婚活というよりは恋活をしたい人にオススメのサービスとなります。若い人が多い分、年収などのステータスは他のアプリと比較して、少ない人が多いと思うので、その点を重視されるのであれば、婚活に重点を置いたアプリの方をお勧めします。

ウィズ(with)にサクラはいないの?

最後に安心してウィズ(with)を利用するにあたって、出会い系でよく聞くサクラはいないのかという点について述べたいと思います。

結論:ウィズ(with)にサクラは存在しない

ウィズ(with)というマッチングアプリの性質上、サクラは存在しません。これはウィズの課金システムが定額制を採用しているためです。

この点に関しては別の記事でマッチングアプリ「ペアーズ(Pairs)」のサクラについて詳しく考察をしています。ウィズ(with)も基本的にペアーズ(Pairs)と同じ仕組みを採用していますので、こちらの記事を読んでいたければ安心してウィズ(with)をご利用いただけるかと思います。

関連記事

こんにちは、いとまさです。 マッチングアプリ「ペアーズ(Pairs)」を使う前に誰もが気になること、そう、サクラや業者っていないの?安全に使えるの?という点だと思います。 マッチングアプリというと今風な感じですが、根本的な目的は[…]

まとめ

マッチングアプリ「ウィズ(with)」についての記事はいかがでしたか。ウィズ(with)は筆者もマッチングアプリの中で一番よく利用するサービスです。

それは他のマッチングアプリよりも相性の良い子と出会える確率が高く、付き合ってからも長続きすることが多いです。

心理学という新しい観点から恋愛に発展するウィズ(with)はマッチングアプリ初心者の方にもすごくオススメですので、ぜひ一度使ってみてください。